大人のスペイン旅行

帰ってきて少し時間が経ってしまいましたが…久しぶりに海外に行ってきました! 丸2年以上海外に行ってないよ!
目的地はスペインのマドリッド。
旦那の仕事関係ですが、たまには一緒にどう?と誘われたので、私も有休をとって行ってきました。
火曜日仕事を終わらせて、近くのショッピングモールで待ち合わせて空港へ。いったん帰ることも考えましたが、次男に出かける姿を見られたら「どこ行くの!!!???」と大騒ぎになってしまうことは目に見えているので(^_^;)

関空を出発して9時間ほどでドバイ国際空港へ到着。2時間ほど待ってマドリッド行きへ乗り換え。7時間ほどでマドリッドに到着しました。もう曜日も何も分からなくなりましたw ホテルまではタクシーで30ユーロ。
初日は夕方からバル巡りをする予定だったので、それまでお昼寝。
バル巡りは現地に住んでいる日本人に旅行会社を通してお願いしました。現地のヒトにお願いするというのも考えましたが、色々質問することを考えると日本人で正解でした。予定していた3店+オマケでチュロス屋さん1店で解散。

翌日は朝から地下鉄とバスに乗ってアウトレットへ。
降りるところを間違ってしまいましたが、道を聞いたおじさんがどうも「まだまだ遠いよ!」という身振り手振りだったので、バス停まで戻って乗り直し。このおじさんもバスの運転手さんも英語は全く喋ってくれませんが、伝えようという雰囲気は伝わってきます。
欧米サイズの旦那は日本ではなかなか見つけられないスーツを。私はスーツにも合わせられそうな靴を購入。スペインは街中も含めてそもそも靴屋が多い気がします。

次の日は朝から旦那が仕事に行ってしまったので、私は一人でチュロス&ホットチョコレートで朝ご飯。その後10時開館のプラド美術館まで歩いて行きました。到着したらすでに行列で、入るまで30分ほど待ちましたが、2時間ほど館内を見て回ってから街に出て、街中歩き回ってホテルに帰りました。広場を中心とした蜘蛛の巣がつながり合ったような街なのでちょっとややこしいですが、地下街をぐるぐるするわけではないので自分で歩き回る分にはあまり方角を見失うことはないかな。

さらに次の日もチュロス&ホットチョコレートで朝ご飯。 ←こんな生活続けてたら太るわw
一休みしてからチェックアウトして、またタクシーで空港まで。空港の手荷物検査の横にtax refundの窓口がひっそりとあるので申請してからカウンターにチェックイン&荷物を預けました。そこからまたマドリッド→ドバイ→関空まで。
ドバイ国際空港が巨大すぎてびびりますw

170521travel.jpg


**
今回初めてヨーロッパに行きました。
物価は安くはないけれど、北欧ほど高くはないです。バルでちょこちょこ食べ歩きをしていると、大して食べていないはずなのに結構満腹になったので飲食費が思ったほどかからなかったのかも。ちなみに今回関空で両替していきましたが、1ユーロ=128円でした。大概VISAかMaster cardが利用できるので現金が必要なのはバル巡りとか少額な買い物ぐらいでしょうか。

治安は心配していたほど悪くはなく、ただ金曜日の夜に広場でデモが行われていて人がごった返していました。スリとかも多いようなので人混みには行かない方が無難でしょう。昼間にマドリッドの街中を歩き回る分には私一人でも怖いと思うことはありませんでした。

言語はほぼスペイン語のみ。英語を話してくれる人は少ないです。何度かヨーロッパに旅行に行っている母曰く、薬屋さんが意外と英語を話せる人が多いらしいです。

今回は子ども達は母にお願いしました。べったり預けるのは気が引けますが、長男は小学校に勝手に行くし、次男も昼間はずっと保育所に行ってくれるので、母も昼間に休憩できるのでいいかな、と…。次男は「ぱぱ まま ばいばい」と言っていたようです。次男なりに「二人とも行っちゃった!」と理解していた様子。戻ってくることも『嬉しい話題』として理解していたようです。
7時間の時差がある長時間の移動なので、やっぱり小さな子連れは厳しいかと思います。街自体としては、広場に遊具が設けられていることが多いので楽しく過ごせるかもしれませんが、22時に日没だったりと確実に体内リズムが狂います。

今度スペインに行くならバルセロナかな。建築も興味があるし。郊外まで足を伸ばせるならダリ美術館も行ってみたいスポットです。

**
スペインに行く前から調子が悪かったのですが、帰国後本格的に喉の調子が悪くなって、数日眠れないほどの咳に悩まされ、あきらめて呼吸器内科の先生に診てもらいました。まだ完全に咳はなくならないのですが、かなり楽になりました。当分吸入薬が手放せないかも…。

↓ランキングに参加しています。よろしければポチお願いしますm(_ _)m
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 子供服(洋裁)へ
にほんブログ村

ハンドメイド・手作りマーケット tetote(テトテ)

iichi | 手仕事・ハンドメイド・手作り品の新しいマーケット
スポンサーサイト

長男初めてのアイススケート@うめだ『つるんつるん』

なんとも関西らしいネーミングの『つるんつるん』。
去年も仕事帰りに横目で見たことがあったのですが、なんと今年は5歳になった長男と行っちゃいましたー♪まさか子どもと二人でスケートに行く日が来るなんてねぇ。人生って分からないわ〜。
1450480945579.jpg
大人1500円、子ども1000円。貸し靴代込み!

数日オフィシャルページのライブカメラ『つるんつるんなう』を見ている限りでは、どうもあまりお客さんがいない…?いやーでも、金曜日夕方だよ?流石に多いんちゃうん?とか思いながらも、保育園のお迎えを1時間早くして、17時梅田着。ドキドキして行ってみたら、なんと滑ってる人4人ぐらい(^_^;)やってるんかいな!?という寂しい人出。確かに、なんで12時オープンなんやろって思っててんけど、人が来ないからやねw

真ん中のイルミネーションタワー。きれいです♪
1450480934405.jpg
打たれ弱いヘタレな長男。2回ぐらい転けていやになるかと思ってのこの時間設定だったんですが、ところがどっこい。ツボにはまったらしく、もっとやる!!と大好評。途中一回トイレに走りましたけど、それ以外ほとんど滑りっぱなし。でも、手袋をした手がびっちょりだったから、相当緊張してたんでしょうね。19時過ぎまでいたんですけど、最後の方は私を追いかけて走ってきてました(滑るもんだと思うんだけどね(^_^;))。

アイススケートといえば、「さむっっっ!!!」というイメージだと思いますが、このリンクは特殊な樹脂製だから全然冷たくありません。だから、じわじわくる底冷えもナシ。転んでも転がっても氷まみれになったりびちょびちょにならないので、初めましてな方でも比較的ハードルが低いんじゃないかな。平日なんて滑ってる人よりもギャラリーが異常に多いのはご愛敬としてw あ、私は滑れます!遙か昔、20年以上前は毎年一冬の間に何回かはあやめ池遊園地のスケートに行ってましたから〜(ローカルネタw)。自転車とかと同じように、どうもスケートも身体で覚えてるみたいですね。昔ある程度滑れてた方、お子さんにいいとこ見せられるチャンスでっせ!!

始終笑顔でほんとに連れて行ってよかった!長男にしては珍しく、また行きたいらしいです。
係のお兄さんに毎日こんな寂しい人出なのかと聞いてみたら、「平日はこんなもんです」という返答だったので、平日はかなりオススメですよ☆来年2/28までだって!

子連れの重要テーマ、トイレに関して。
普通の靴に履き替えて、裏手の建物地下一階にあるトイレが最寄りです。係の人に言うと、再入場チケットがもらえます。滑り始める前に場所確認も兼ねて行っておくといいですね!

↓ランキングに参加しています。よろしければポチお願いしますm(_ _)m
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 子供服(洋裁)へ
にほんブログ村

ハンドメイド・手作りマーケット tetote(テトテ)

iichi | 手仕事・ハンドメイド・手作り品の新しいマーケット

子連れ香港旅 〜おまけ

香港旅もそろそろ終わり。
今回は『おまけ編』です。


今回は体調が悪すぎて(>_<)問屋街には行けませんでした。
もう、起きて活動してるか昼寝してるかの二者択一。読もうと思って持って行っていたパンの本も全く触らないまま旅が終わりました。それでも体調は徐々に回復しましたけど。どうも咳が止まらないのは日本の乾いた空気がいけないんじゃないかということに今更気づきました(>_<)どうしよう。移住!?

帰る日は息子も疲れていたみたいで、朝起きてしばらくしてからぐったり&3回嘔吐。。。
チェックアウトは12時と遅めだったので、ぎりぎりまで寝かせてホテルから空港までタクシーで行くことにしました。
タクシーは前座席はシートベルトが必要。トランクに荷物を乗せるのに1個5HKDぐらい必要です。タクシーメーターはどうもトンネル料金などは含まない金額みたいで、トランク使用量・チップも含めて300HKD支払いました。ただ、運転が結構荒いので息子は青い顔をして一回吐いてしまいました(>_<)どうも酔ったみたいです。

香港駅までタクシーで出てin town checkinをして大きな荷物を預けてairport expressで空港までというルートも勿論考えたのですが、香港駅もかなり広大なのでしんどい子を連れての移動は大変だと判断して空港までタクシーになりました。空港まで20分程度で着いたし、金額的にも4人で300HKDならいいかなと思いました。運転は荒いけどねw

息子は空港についてしばらくしたら復活してました。
飛行機を待ちながらあんパン一個をぺろりと平らげ、さらに飛行機に乗って機内食を食べるという…(^_^;)
ま、まぁ、深刻な事態に陥らず帰宅できてよかったです。

どなたかの旅の参考になったら嬉しいです。
また来年行ける…かなぁ・・・

↓ランキングに参加しています。よろしければポチお願いしますm(_ _)m
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 子供服(洋裁)へ
にほんブログ村

ハンドメイド・手作りマーケット tetote(テトテ)

iichi | 手仕事・ハンドメイド・手作り品の新しいマーケット

子連れ香港旅 〜Ocean Park

さてー、第三回はOcean Park。
あちこちの旅本に掲載されている割に、『行った!』という記事をあまり見つけられなかったので、どうなん?と思っておられる方の情報の一つになればと思います。

旅本に記載されていなかった事項として、『明らかな食べ物は持ち込み禁止』があります。ただ、どこからどこまで禁止なのかはイマイチ不明で、入り口で鞄の中をがさごそ棒でかき回されて、見つかったらダメという感じ。袋に入ったパンなどが対象のようでした。見つかった分は廃棄または外で食べてからね、という感じ。ペットボトルの飲料はOKでした。中の食べ物が高くてあまりおいしくないという情報もあり、ちょっとパンでも買っていきたい気分になりますが、NGです。ご注意ください。

3日目に、トラムに乗って金鐘まで(中環まで出ていたので、MTRに乗るより安い&早い&すいているかと思われる)。去年の記事でも書きましたが、車内はとても狭いのでトラムにはベビーカーは持ち込みできないように思えます。
150126ocean10.jpg


金鐘からさらに2階建てバスに乗ってOcean parkへ(オクトパスカード使用可)。
150126ocean00.jpg
バスに乗っても20分ぐらいで到着しますが、MTRを伸ばしているようなので、あと数年したらもっとアクセスしやすい施設になるでしょう。

入り口はこんな感じ。
150126ocean01.jpg

イルカショーがあるというのでゴンドラに乗って上の方へ。
150126ocean03.jpg
思った以上に景色がよくてこれは乗る価値があります。


唯一追加料金を払ったのはアシカの餌やり。シシャモ(?)3匹でこの値段。
150126ocean04.jpg
個人的にはこういう餌やりって結構好きだったりします(*^_^*)

写真はありませんが、急流下りみたいなやつは間違いなくびしょぬれになるので、乗りたい人は着替えかカッパ必須。

イルカショーは日本人にはあまり魅力的にうつりません。あえて見る必要はないかと。
150126ocean05.jpg
アドベンチャーワールドのイルカたちの方がよっぽど芸達者です(笑)。一応、環境保護を訴えるようなストーリー仕立てになっていたのですが、英語は字幕のみ。息子には「え?何?」って感じだったかも。ちょっと座って休憩するにはよかったんですけどね。1月に行ったわけですが、暖かい日だったので日陰席から埋まっていってました。

中は動物園というには生き物が少なく、遊園地というには遊具が少なめ。でも、遊具類にあまり追加料金がかかわらなさそうです(ジェットコースターとかのエリアには行ってないので分かりません。ゴンドラ・メリーゴーラウンドは追加料金なしでした)。イルカショーを待つ間正面に見えていた観覧車が猛スピードで動く→止まるを繰り返していたのがとても気になりましたw大丈夫なん??
150126ocean06.jpg
今の息子の身長で乗れるのはせいぜいメリーゴーラウンドぐらいですが、なかなか座りにくい生き物ばかりでした。

平日朝から行きましたが、行きのバスはすでに行列。発車時刻は決まってないみたいで、満員になったら出発。すぐに次のバスが来るようなシステムなので2台目のバスに乗りましたがあまり待った感じはしませんでした。
ゴンドラは45分待ち。休日は…と考えると恐ろしいですw
16時頃帰りましたが、バスが結構渋滞に巻き込まれました。その間息子は爆睡していたのでちょうどよかったですけどね。

施設としては、小学生ぐらいまでなら結構楽しめそうだと思います。
でもガンガン乗り物を攻めたいお年頃には不完全燃焼かも。
行くなら平日を強くオススメします。
無理に休日に行ってみる施設ではないと思われます。


↓ランキングに参加しています。よろしければポチお願いしますm(_ _)m
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 子供服(洋裁)へ
にほんブログ村

ハンドメイド・手作りマーケット tetote(テトテ)

iichi | 手仕事・ハンドメイド・手作り品の新しいマーケット

子連れ香港旅 〜グルメ編

さて、子連れ香港旅第二回☆
グルメ編

味の善し悪しは人によって感じ方が違うので、あまり詳細には書きません。
今回は初日昼『翡翠拉麺小籠包』初日夜『糖朝』、二日目昼『龍逸軒』夜『明閣』三日目朝『陸羽茶室』夜『夜上海』に行きました。

『翡翠拉麺小籠包』『糖朝』はカジュアルレストランなので子連れでも気楽に行けます。メニューも日本人にも分かりやすいです。

『龍逸軒』は、午前中九龍公園でさんざん遊び回って疲れ切った息子が「ご飯いらない」とか言うので、とりあえず宿泊しているホテルでささっと食べちゃおう!ということで行きました。結局むしゃむしゃ食べてましたけどね(^_^;) 余ってしまった麺はお持ち帰りさせてくれたので、マラソンで疲れて部屋でごろごろしていた旦那のお昼ご飯になりました。ちなみに九龍公園、めちゃくちゃ広いです。元気すぎるインコがいる巨大ケージのある所や、フラミンゴがいる池、滑り台などの遊具がある場所もあり、小さな子でも安全で楽しめる場所だと思います。あ、トイレ事情は見てこなかったです(>_<)

は比較的いいお店です。特に『明閣』は騒ぐ子はちょっとNGかなという気がしました。夜上海のXO醤は土産用にまとめ買い〜。お店によってXO醤を工夫を凝らして作っていて、販売しているお店もあります。かさも低いし、気に入った味のXO醤をお土産にしてもいいと思います(ただし、手荷物としての持ち込みはできないので要注意)。

『陸羽茶室』は中環に古くからある飲茶屋さん。朝に行こうと思っていた粥麺屋さんがまだ閉まっていたので、急遽こちらに行きました。蒸籠を持ったおばちゃんが回ってくるので、開けて中を見せてもらいます。ほしかったらもらいましょう。蒸籠のおばちゃんは広東語のみ。なので、見かけから具材や味を想像するしかありませんw平日朝から現地の人たちで円卓は大盛り上がりです。


↓ランキングに参加しています。よろしければポチお願いしますm(_ _)m
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 子供服(洋裁)へ
にほんブログ村

ハンドメイド・手作りマーケット tetote(テトテ)

iichi | 手仕事・ハンドメイド・手作り品の新しいマーケット
welcome to mani-mani
プロフィール

maniーmani

Author:maniーmani
2010年&2015年生まれの二人の息子のために、仕事・育児・家事の間に間に、ハンドメイドを楽しんでいます。先住犬のような陽気で愉快で思慮深いボーダーコリーをいつか家族に迎えられる日を夢見ています。

☆職業用→シュプールTL-30DX
☆ロック→衣縫人BL-5700EXS
☆カバーステッチ→ふらっとろっく
☆家庭用→ADESSO2

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
日本ブログ村
メッセージをどうぞ!

名前:
メール:
件名:
本文:

楽天アフィリエイト
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR